勉強方法

短期合格を目指す登録販売者の勉強方法|ノートは取らずに効率よく勉強しよう!

登録販売者試験は1ヶ月の準備期間で合格できました、つぐり(@tsuguriguri)です。

この記事は、「登録販売者に短期合格するコツ|勉強方法は独学テキストのみ!」の補足記事です。

勉強方法を詳しく解説し、時間が無い方でも効率よく勉強できる方法を提案をしています。

まだ読んでない方は、一度目を通してもらうと内容がわかりやすいかなと思います。

すでにご覧いただいている方は、このまま読み進めていってくださいね!

この記事の内容は受験合格を保証するものではありません。

1ヶ月で合格するには、効率の良い勉強方法が必要不可欠

登録販売者の試験は、本来、半年前から準備するのがベストです。

しかし、いろいろな事情で勉強ができず、「いつの間にか受験日に差し迫ってた!」…なんてことも社会人ならあると思います。

まったく勉強していなかった人が、受験1ヶ月前になって他の人と同じ勉強方法をしても、まず受かりません。

とにかく効率よく、スキマ時間もしっかり使って、1ヶ月の勉強期間で合格する方法をお伝えしていきます。

すべて、わたしが実際にやった勉強法です!

スキマ時間を無駄にしない

勉強を始めるにあたって、「まとまった時間を確保しなきゃ!」と思っている方、その考えは捨てましょう!

5分でも10分でもいいので、出題ポイントを暗記していきます。

登録販売者試験は暗記で合格できるかどうかが決まるので、そもそも時間がなくても勉強しやすい資格でもあります。

出題形式も記述問題ではなく、すべて選択問題なので、覚えれば勝ちです!

ちょっとのスキマ時間も無駄にせず、一種でも多くの薬の成分名や単語を覚えていきましょう!

ノートは取らない

わたしが行なったこの試験勉強においては、ノートは一切取っていません。

買ったテキストに直接、青(緑)マーカーで線を引き、赤シートで重要ポイントを隠しながら、覚えていきます。

特に重要だと感じたところ、過去問でいつもつまずくポイントは付箋を使ってメモを取っていました。

答えを紙に書く…くらいはしましたが、暗記用ノートを作るということはしていません。

そんなことしていたら、暗記用ノートを作る段階で1ヶ月経ちますからね…。

ちなみに、過去問を解く時間を優先するため、端から端まで全部覚えなきゃいけない!といった考えは捨てましょう!

後述する「過去問を解くのは受験日3週間前から」という項目で説明しますが、暗記は7割くらいの完成度で留めておくのがおすすめです。

勉強用テキストは一冊しか使わない

勉強期間中に2冊の本を買いました。

そして、このブログを書く上で知識を付けるために追加で何冊か読みましたが、書いてあることはどれも一緒です。

…ということは、同じことが書いてある本を何冊も買う必要はないということ!

図解が多く、問題集が付いている本が一冊あれば、勉強は事足りるんです。

最悪、図解はなくても大丈夫ではありますが、人体の構造などは図解がある方がわかりやすく、理解も深まります。

下記の本は、実際に使用した本の最新版です。

買ったテキストは最低3回は読む!

どうして3回なのか、これには理由があります。

まず、1回目はテキストをぱらぱらと読み、全ての内容を簡単に把握します。

なんとなく読むだけでも、大丈夫です。

きっと、何かしらの文章や図解が頭の中に記憶に残ると思いますが、曖昧でも十分です。

ここでは、完全に覚える必要はありません。

「ふ~ん、そうなのね」くらいで読み進めて行きましょう!

2周目は、身体の構造などを詳しく書いてあるページや、要点のまとめ、表は付箋でチェックを入れます。

ここで図解の場所を把握し、今後の疑問に思ったところをすぐに見直して、理解を深められるように下準備をします。

3周目からが本番です。

テキストをぱらぱらとめくっているうちに、全体が章で分かれていることに気付くと思います。

次は、章ごとに勉強していきましょう。

過去問を解くのは受験日3週間前から

暗記は大事ですが、過去問を解くのはもっと大事です。

登録販売者試験のやっかいなところは、ひっかけ問題がたくさん出ること。

単純に暗記していても、受かるのは難しいんです。

暗記は1週間程度で一旦切り上げ、受験日3週間前からはとにかく過去問を解きまくります。

暗記は7割でいいという説明を「ノートは取らない」の項目でお話しましたが、その理由は過去問を解いてるうちに自然と覚えていくからなんです。

隅から隅まで覚えるよりかは、だいたいで覚えて、過去問を解いて答え合わせをしながらの方が記憶が定着しやすいものです。

過去問はテキストに付属しているものでもいいですし、別で用意しても構いません。

特におすすめなのは全国の試験問題が網羅されているこの問題集!

出願している試験会場によって、問題の傾向が大きく変わります。

全国の問題を繰り返し解くよりは、自分の受験する都道府県に合わせて過去問を絞って対策をする方が合格しやすくなるんです。

できれば過去3年分くらいは解いておきたいですね!

まとめ

時間が無い!と悩む前に、スキマ時間を有効活用していきましょう!

暗記+過去問が合格への近道です。

登録販売者資格保有者は、必ず過去問で対策を取っていました。

半信半疑でもいいので、過去問だけはしっかり解いてみてくださいね!