登録販売者

登録販売者の資格試験って難易度高いの?

登録販売者の資格試験に合格して2年が経ちました、つぐり(@tsuguriguri)です。

この記事では、わたしの持っている「登録販売者」の資格について、お話をしたいと思います。

近年、登録販売者の資格を取得しようと考えている方が増えてきたと聞きます。

事実、毎年受験者数は伸びている資格のひとつです。

ぜひとも試験にチャレンジしたいと思っている方に読んでいただきたい内容なので、お付き合いいただけると嬉しいです!

登録販売者の資格取得は難しい?

登録販売者

登録販売者資格は、国家資格に分類されます。

国家資格というイメージから、難しいと感じられますが、実際のところはどうなのでしょうか?

…結論から言うと、簡単です!

本気で取り組めば、1ヶ月もあれば十分合格できます!

実際に、ほぼ1ヶ月で試験合格したのがわたしです…。

目安とされる勉強期間は1年から半年くらいなので、ちゃんと計画さえ立てれば難しくない資格です。

簡単です、と言いましたが合格率だけで見ると、それほど登録販売者資格の合格率は高くありません。

登録販売者資格の合格率は45~50%です。

同業種である、薬剤師の国家資格合格率は70%くらい…。

難易度だけで言えば、薬剤師の試験の方がよっぽど難しいと言えます。

では、何故そんなに合格率が低いのでしょうか?

登録販売者資格試験の合格率が低い理由

登録販売者

合格率が低い理由はさまざまです。

下記で簡単に説明したいと思います。

勉強不足による不合格

合格率が低い理由はさまざまですが、一番の要因は勉強不足です。

勉強しなければ、まず受からないので当然と言えます。

登録販売者試験の合格ラインは決まっていて、全体の70%以上かつ、各章40%以上の点数が取れたら合格です。

出題数が120問なので、そのうち84点以上取れば合格ということになります。

もちろん、どれだけ勉強していても、このラインを越えなければ不合格です。

合格率が45~50%ということは、受験者数の約半数が勉強不足ということになります。

合格率の低さの一番の要因になっているのが、「国家資格なのに、独学で勉強する資格」ということです。

テキスト選びから、受験対策、受験申込まで全て自分でやらなければなりません。

勉強なんて、「大体がそんなものだし、当たりまえじゃない!」と思われる方多いと思います。

そういう考えの方はきっと受験しても、合格できると思います!

この資格は、薬剤師のように大学卒業が必須でもなく、専門学校に行かなければいけないということもありません。

自分を追い込めない人は、落ちます!

学校のように、誰かが教えてくれるわけもなく、独学でテキストを読んで問題を解いて…と自分の力で勉強をしていかないといけません。

しかし、企業に属していない限り、受験セミナーを受ける機会なんてほぼありません。

外部セミナーは全くないわけではありませんが、非常に数が少ないです。

資格を保有してからのセミナーはたくさんあるんですけどね…。

受験者の質がここ数年で落ちたことによる合格率の低下

登録販売者

他の要因としては、登録販売者の受験資格の敷居が非常に低くなったことも挙げられます。

2015年4月1日より以前に試験を受ける場合は、受験資格がありました。

  • 高卒以上で1年以上の実務経験のある人
  • 4年間以上の実務経験のある人
  • 大学等で薬学過程を卒業した人
  • 上記と同等以上の知識・経験があると都道府県知事が認めた人

しかし、2015年4月1日以降の試験からは、条件が緩くなります。

  • 学歴・年齢:不問
  • 実務経験:不問

受験資格が不問となり、誰でも受験することが出来るようになりました。

その代わり、受験合格後に手続きを行わないと、登録販売者として働くことはできません。

都道府県に販売従事登録申請を行い、「販売従事登録証」を発行しなければならないようになりました。

誰でも気軽に試験に受けられるようになったのが、合格率を下げている要因になっています。

問題は難しくなったりはしていないと聞きますので、恐らく、受験者の質が落ちてしまったということでしょう…。

登録販売者資格は諦めなければ必ず受かる:まとめ

登録販売者資格は、諦めなければ必ず受かります。

わたしのように1ヶ月勉強して受かった人もいれば、4年かかって、ようやく受かった人もいます。

でも、どちらも資格受験に諦めなかったからこそ、登録販売者の資格を得られたんです。

比較的簡単と言われる、登録販売者の資格試験。

勉強が苦手でも、嫌いでも、勉強していれば、不合格になりません。

不合格になった場合は、ただの勉強不足です。

上位何%しか受からない資格もありますが、これに関しては合格ラインさえ取れていれば必ず受かります。

薬剤師のように出題範囲が広いわけでもなく、美容師のように実技がいるわけでもありません。

時間をかければ、片手間に勉強しても受かりますし、土壇場になっても諦めなければだいじょうぶです。

年齢関係なく、勉強を続ければ必ず受かるのが登録販売者試験です。

一度失敗した方も、もう一度挑戦してみてください!

Copyrighted Image