パラレルワーク

副業解禁!気軽にパラレルワーカーとして副業を始めよう!

パラレルワーカーやってます、つぐり(@tsuguriguri)です。

ついに、政府から「副業解禁」という言葉を耳にするようになりましたね!

わたしのようなパラレルワーカーもとい、フリーターからしたら、副業?いっぱいあるけど?くらいの気分ですが、会社員の方はそうはいかないんじゃないでしょうか。

そもそも、会社自体が副業NGだったりすると、副業にチャレンジする機会もないかと思います。

しかし、一般企業は副業解禁となったわけなので、これからは堂々と副業できますね!

この記事では、今後増えていくであろう副業や、本業との両立についてお話していきます。

副業は本業あってのもの


副業=本業とは別にお金を稼ぐ手段や仕事のことを指します。

後述しますが、「副業」は本業があってこそ成り立つものです。

同音類義語の「複業」とはニュアンスが違います。

会社員の方が、会社で行なっている仕事以外で何か仕事を始めた場合、基本的には「副業」と呼びます。

副業の言葉の意味は、本業(ここでいう会社員としての仕事)がないと成立しません。

なので、本業をおろそかにしてしまった場合、それはもう「副業」とは言えなくなります。

日本の企業としても、そこは避けてほしい部分となるはずなので、ここでお話している「副業は本業あってのもの」というのはきっちり抑えておきたいポイントです。

副業にのめり込みすぎると、クビ宣告…なんてこともあるかもしれませんしね…。

ここから先は、「副業とは?」ということを、個人の主観を交えながら掘り下げていこうかと思います!

副業と複業の違い


一般的に言われるのが、「副業」は本業の収入と比べたときに、本業より収入が少ない場合を指します。

一文字違うだけの「複業」は、本業の収入と同等、あるいはそれ以上の場合を指します。

「副業」、「複業」…どちらの言葉も、正社員もしくはそれに準ずる業務形態で勤めている場合に使われることが一般的です。

大事なことなので繰り返しになりますが、「副業は本業あってのもの」です。

メインの収入があって、副業というサブの収入が得られるということなので、本業が無くなると多くの場合生活できません。

なので、副業は万能でないからこそ、本業もしっかり腰を入れていかなきゃいけなくなります。

本業は決しておろそかにしてはならないのですよ…

ちなみに、わたし自身の仕事の話をするときは、金額的なことを言えば「副業」なんですが、ゆくゆく本業を抜きたい!という気持ちで「複業」という言葉を使います。

副業を始めたら、時間の確保はどうする?


副業を始めるにあたって、一番難しいのは時間の確保ではないかなと思います。

フルタイムで働いていても、8時間で終業…なんてことはなく、そのあと残業だってあるかもしれません。

フルタイムで労働+残業ってなると、副業なんかやってたら身が持たないですよね。

ただ、政府の方針としては、「副業は全面的に解禁」なんです…。

始めないのは正直言うと機会損失でもったいないですし、裏を返せば「リストラにあったとしても、副業してなかったあなたが悪いんですよ」なんてことにもなりかねません。

でも、がっつり副業を始めるには時間が足りない!という方は、ぜひ「スキマ時間」を使ってみてください。

通勤中、夕飯後のゆっくりしてる時間、寝る前…など、意外とスキマ時間はあるんです!

メリットは収入ですが、デメリットとしては、ゆっくりする時間が少し減ることです…。

専業主婦の方も、家事と家事の合間や、お子さんがいる家庭の方はお子さんの昼寝の時間などを利用するといいかもしれません。

実際に、twitterで繋がっている主婦の方々の多くはこういう時間を利用されています!

高校時代にお世話になった教師からは「時間が足りないっていうのは作るのが下手なんだよ」と言われて、ふと思い出しては自戒しています…。

副業を始めるなら何がおすすめ?


では何から始めるのか…ということになりますが、おすすめは趣味・特技を活かすこと!

まさに、わたしがネットで活動していることそのものになるのですが、イラスト描くのが好きなら描けば副業になりますし、手芸が得意ならアクセサリー販売も難しいことではありません。

文章を書くのが好きな方はライターなどの仕事も今多いので、副業を始めるにはかなりハードルが低くなっています。

わたしは今、このブログやtwitterを通して仕事の依頼を請けていますが、ブログもSNSもほぼ活用していない・やったことないという方には少々難しいかもしれません。

しかも、ブログと言ってもtwitterから知ってくださった方からの問い合わせがほとんどなので、集客はtwitterに9割くらい依存しています。

twitterは知名度や、そのときの運にもよるので、アカウント開設から実際の依頼受注までには半年~1年くらいの種まきが必要かなと思います。

今の集客方法については、わたしは本当に運が良かっただけなので、今から始める!という方は下記で紹介する方法が参入しやすい気がします。

スキマ時間を有効活用してスキルを売るにはココナラがおすすめ

わたしは主に発注者として利用しますが、ココナラというサービスではイラスト・ハンドメイド作品の販売、記事制作代行(ライター)などの仕事を得ることできます。

花型はイラストかな~と思うくらい、イラスト界隈は活発です!

特技を活かせると言ったものの、人前で出すようなものは作ったことがない…という方、いると思うんです。

今までのわたしがそうでした…。

自信がない人も、500円から出品できるので、ある程度経験を積んで値上げという対応がベターです。

提供する商品が無償になりますが、無料お試しという枠もあるので、まったくの初心者でも最初に流れさえ作ってしまえば継続的に依頼がくるパターンが多いみたいです。

気軽に登録もできて、出品も簡単にできるので、試しにのぞいてみてはいかがでしょうか?

「知識・スキルの販売サイト【ココナラ】

余談ですが、ココナラは出品だけではなくて購入もできるので、いろいろ見てみると面白いかもしれません!

副業は準備期間を想定して、早く始めるのが吉!:まとめ

ここまでの流れは、「気軽に始められる」とお話させていただいたのですが、最初だけは心の準備とかリサーチとかで、何かと時間がかかってしまうものです。

SNS運用で得意なことを仕事に変え、依頼を請けたりするには、アカウント開設も必要ですし、ココナラも最初の依頼が来るまでに少し時間がかかるかもしれません。

一度流れに乗ると楽なんですが、最初だけはじっくり待たなければなりません…(何事もそうですが)

なので、個人的な意見としては、できるだけ今始められることは始めておく、備えておくことが副業を始めるコツのような気がします。

ネットの普及により、思っているよりも収入を増やすことが簡単になっている時代です。

上を見るとすごい人ばかりですが、まずは1ヶ月5000円を目指して、おいしいもの食べに行きましょう!

5000円の次は1万円…と、少しずつハードルを上げるのが長く続けるコツでもあります。

この記事を読んで、副業にチャレンジしてみたいと思っていただければ嬉しいです!

Copyrighted Image