お仕事情報

イラストを依頼する際の必要な情報と制作の流れ

イラストレーターとしてのお仕事が増えて、ありがたい限り…な、つぐり(@tsuguriguri)です。

イラストレーターに仕事を依頼するにあたって、初めて依頼する人はどういった流れで依頼を進めてもらえるか、不安に感じませんか?

この記事では、少しでも不安が拭えるよう、現役イラストレーターがクライアント様にしている質問と、制作の流れをお伝えしていきます。

「イラストレーターが欲しい情報」という項目に関しては、依頼の際にテンプレートとして使っていただけるので、依頼の際にお役立てください!

ただし、必ずしも他イラストレーターが聞きたい内容と一致しているとは言い切れません…。
万能ではないことを、あらかじめご了承ください。

では、まずは制作の流れからお伝えしていきます!

(この記事で出てくる質問内容は、必要に応じて加筆修正を行なう予定です。)

イラスト制作の流れ

イラスト制作の流れは、大体どのイラストレーターも同じ工程で進めています。

  1. 問い合わせ(制作して欲しいイラストの全体像を伝える)
  2. 見積もり(点数・サイズによって料金が異なる場合がある)
  3. 注意事項の説明(規約や支払い方法などの説明)
  4. ヒアリング(具体的なイメージを伝える)
  5. 仮案(ラフ案の提出)
  6. 本案(ラフ案から練った完成品の提出)
  7. 納品(完成!)

実際は、見積もりやヒアリングだけでも何通かやり取りさせていただいたりするので、もう少し複雑化する場合も…。

後ほど改めて説明しますが、イラストレーターの欲しい情報を引き出すための質問が「ヒアリング」になるので、情報が明確な場合はやり取りがスムーズになります。

ご希望のイラストレーターがどんな流れでイラストを製作しているか知りたいときは、ブログをチェックするといいですね!

例えば、当ブログでは、以下のようなメイキング記事を掲載しています。
BANK ACADEMY:ペンタごんメイキング
FUCURAMU COFFEE:ロゴメイキング

こういったメイキング記事がある場合、どのような流れで制作を進めていくのか、なんとなくわかっていただけるかなと思ってます!

問い合わせ・見積もり

問い合わせはブログやSNSに掲載されている方法でコンタクトを取ってもらえれば、何を使っていただいても大丈夫です。

イラストレーターによっては、「○○の方法しか問い合わせは受けません」と書いてある場合があるので、注意が必要ですが…。

ちなみに、つぐりはブログからでもtwitterからでもどこでも受け付け可能!

実は、イラストレーターには問い合わせ時点で「教えて欲しい情報」というものがあります。

見積もりを出すために必要な、「どんなイラストを描いて欲しいか」、「何点必要なのか」という情報です。

例を挙げると、人物イラストの場合「バストアップで○○円、全身だと△△円」といった感じで、値段が変動する可能性があります。

まずはメニュー表で、どんなイラストがどんなサービスに区分されるのかを確認するといいですね!

もし、該当するサービスがどれかわからないときは、思い切って相談してみましょう!

希望を伝えると、イラストレーターからアドバイスがもらえます。

問い合わせ・見積もりは無料で対応しているところがほとんどなので、この先気持ちよくやり取りするためにも、要望はしっかり伝えておくのが◎です!

注意事項の説明・ヒアリング

わたしの場合は、この注意事項でイラストの利用規約のお話をしています。

料金を支払うタイミングや支払い方法もここでお伝えしていますが、料金関係は各々違うので、詳しくは依頼したイラストレーターにお聞きくださいね!

ファンアートはOKだとか、イラストをアイキャッチやバナーで使用したいときはこういう条件があります…など。

使用上の注意をお伝えした上で、見積もりで算出した金額を改めて確認してもらって、すべてにご了承いただいたら正式な受注となります。

ここで曖昧な条件を出してくるイラストレーターとは、後々トラブルになる可能性が高いので、避けた方がいいですね…。

正式な受注となった際は、ヒアリングを行なって、どんなイラストが欲しいかを具体的に決めていきます。

モチーフや色はどうする?構図は?などといった、イラストに関するお話を詰めていくのがヒアリングです。

ここでしっかり要望を出さないと、あとで「思ってたのと違った…」とガッカリすることになるので気を付けましょう!

仮案・本案・納品

仮案提出でラフ案(提出数は人によってさまざま)を確認してもらい、イラストレーターとクライアントのイメージの相違を減らします。

ラフ案の提出は何点まで、修正は何点までと決まっていることがほとんどです。

できるだけ少ない回数でイメージが伝わるように、参考画像として写真を用意してもいいかもしれません。

もしくは、提出された案に直接イメージ図を描き込むのもありです!
(嫌がる人もいるかもしれないので、最初に断りを入れると親切ですね…)

わたし(つぐり)の場合は、直接描き込んでもらうとイメージが付きやすいので歓迎してます!

仮案でイメージをしっかり伝えたものを、昇華させたのが本案(完成品)です。

ここで、やり直しがなければ、納品となり、イラストレーターと交わした契約範囲内で自由に使えるようになります。

イラストレーターが欲しい情報

いままでの制作の流れで、ヒントを散らしてみましたが、ここでまとめていこうと思います。

「キャラクター作りの質問」と「使用範囲に関しての質問」に分けているので、それぞれご確認ください!

キャラクター作りで聞きたいこと

  • どんなイラストが欲しいのか
    表情案が欲しい場合は、「喜怒哀楽+驚く=5点」と伝えると、見積もりがスムーズになります。
  • イラストのモチーフは?
    例)鳥…といっても鳥は何種類もいるうえに、形もさまざまなので、1~3種くらいに絞ってもらうと助かります。
    ニワトリ、ツバメ、フクロウ
    この中で、クライアントの要望に応えられて、かつ見栄えが良いものをヒアリングで決定します。
  • 好きなテイストの画像など(あれば)
    百聞は一見にしかず…ということで、イラストレーターがクライアントの好みを知るためには、好きなイラストやモチーフの画像があると理解が早いです。
    もし、画像を持ってたり、ヒアリング中に参考になりそうなものを見つけたら、共有してもらえると非常にありがたい…!
  • ブログ・サイトのテーマ(あれば)
    節約系のサイトなら、お財布や貯金箱といったお金にまつわる小物を、イラスト内に加えることがあります。
    必ず必要!というわけではないのですが、キャラクターの個性を出すためにはあった方がいい情報です。
  • イメージカラーは?
    イメージカラーの多くがブログのテーマカラーから拝借しますが、メインカラーとアクセントカラーの2つは教えて欲しいところ…。
    青、赤というよりも、「#ffffff」といったカラーコードだと嬉しいです!
クールなキャラクター像を想定しているのにイメージカラーが赤やピンクの場合は、キャラクターかイメージカラーを変えるのがおすすめです。

赤やピンクは「情熱的」や「かわいい」といったクールとは相反するイメージを持っているので、キャラクター性にブレが生じます。

しかし、テーマカラーはブログの重要な要素のため、変えるのは避けるべきポイント…。

多くの場合はキャラクターを変えることになります。

使用範囲で聞きたいこと

イラストの使用範囲によって依頼金額が変わる料金形態では、この質問は避けては通れません。

わたし(つぐり)に対しての依頼だと、イラスト1点3000円ですが、アイキャッチに使用した場合は依頼金額と同等の金額を頂戴しています。

イラストに改変が入るということで、使用料を頂戴することにしていますが、これがまったくない(元から値段に組み込まれている)人も…。

前提として、イラストレーター側の確認・認識不足が一番ダメなのですが、知らないうちに規約違反しているのも不安だと思いますので、使用範囲は最初にお伝えいただけると非常にありがたいです!

ネットの世界は動きが早いので、最初に想定していた使用範囲では使いづらくなるパターンも多いかと思います。

そういうときは、「今はこういう範囲で使いたいんだけど、あとから変わるかもしれない。そういうときはどうしたらいい?」と最初から聞いておくと良いでしょう!
  • 使用範囲は?
    改変の発生しないアイコンのみの利用(SNS・ブログのプロフィール用アイコン、吹き出しパーツなど)
    アイキャッチやバナーへの使用
    販売するグッズへの使用
  • 二次創作・二次配布の予定はあり?
    金銭の発生しないファンアートはOKの場合と、金品が発生した場合はNGなど、イラストレーターによって見解が違います。
    二次配布は基本NGなところが多いですが、権利の買取などで対応してくれることも…。

二次創作=発注者含む、制作者以外の誰かがイラストを描くこと
または販売すること(商用利用)
二次配布=発注者含む、制作者以外の誰かがイラストを第三者に渡すこと

まとめ

以上がイラストレーターからクライアント様に聞きたい内容です!

もし、イラストレーターがサイトなどに料金表を明記してなかった場合は、予算を伝えておくといいでしょう。

イラストレーターでない方が、イラストの相場を知るのはなかなか難しい上に、一部界隈では価格崩壊も起きているため値段がピンキリです…。

予算も見当がつかない場合は、1枚あたりのイラストの値段を聞くことをおすすめします。

この記事を読んでくださった方のイラスト制作が上手くいきますように!

Copyrighted Image