イラスト・デザイン

プロとアマチュアの境目について真剣に考えてみた。

プロとアマチュアの境目がどんどんなくなってきてるなぁと感じています、つぐり(@tsuguriguri)です。

先にお伝えしますが、「プロとアマチュアの境目が無くなること」に関しては、今は自分自身で「良いこと」だと捉えています。

そもそも、この垣根が高かったなら、わたしはクリエイターとして仕事を請け負うなんて考えてすらいなかったわけですから。

この状況に感謝している立場の人間です!

一応、わたし個人としては、自分自身のことを「プロ」だと思っています。

周りの評価はどうなのか定かではありませんが!

まあ、そんな話はひとまず置いといて…、本題です。

>今回は「プロ」か「アマチュア」ということでお話するので、「セミプロ」については触れておりません…。
クラウドソーシングやSNS界隈での仕事について考えていくので、「価格」をベースにしています。

クリエイターの商品価値について考えてみた

こちらの項目は少し主旨からずれますが、前提として必要だと感じたので、お話させていただきます。

きっかけはこちらから始まる一連のツイートなのですが…。


最低賃金」という表現で、一部のクリエイターの作品に対する価格が安すぎるのではないかという疑問をツイートしてみました。

思った以上に反響が多かったので、驚きました。

いただいたリプなどでは、業界を憂う声が大きかったように感じます。

前述したように、わたしは「プロ」としてクリエイター業をしています。

このとき、プロとしての自分自身の目線でツイートしていたわけですが、後から思うと「アマチュア」の方々のことはあまり考えられていなかったように思いました。

改めて、プロとアマチュアについて考えてみる。

もともと、「お金を1円でも貰ったらプロ」だと考えていました。

最近は趣味・特技を販売するというクラウドサービスが普及したため、クリエイターとして働くことの敷居が低くなったように感じます。

クリエイターとして、同じ環境で働く機会が増えたからこそ、全員を「お金を1円でも貰ったらプロ」に含めるのは無理があるのでは?と思うように。

土俵が同じなだけであって、アマチュアでやっていきたい人に、プロの価値観を押し付けるのも迷惑な話ですよね。

イラスト界隈だけで言えば、プロ並みのクオリティでアマチュアとして活躍している人がたくさんいます。

そんな方々が、技術を安く見積もって、価値を下げすぎることがもったいないという考えは、上記のツイート通りで変わっていません。

ただ、価値の付け方に関しては明確な規定などどこにも無いし、それこそプロ・アマチュアそれぞれの価格があっていいのかなと少し考えが変わりました。

個人として考えてみた「プロ」のこと

プロはプロであるがゆえに、責任が常に付きまといます。

アマチュアでも破ってはいけない…とわたしは思っていますが、代表格で言えば納期でしょうか。

あとは、自身のキャリアや提案力、技術力…その他もろもろがブランドであると同時に、重圧として掛かってきます。

このブランドを付加価値として、作業工程というものに上乗せした金額を、クライアントに要求できるものだと考えています。

生計を立てている人、いきたい人は作品に対して、そこそこの値が付かないとやっていけませんからね。

個人として考えてみた「アマチュア」のこと

アマチュアの良いところって、プロみたいに縛られないところだと思ってます。

技術力、納期、責任など、プロに求められるものが、語弊があるかもしれませんが、少しだけ免除されるような感じがします。

プロと違って、作業工程やブランドなどの難しいことは無しにして、何にも縛られずに価格を決められる自由さがあるのかな…とも。

ここまで書いておいて…ですが、今回出した意見ではアマチュアがほぼいなくなります。

まとめ:個人的な意見としての、プロとアマチュアの境目に対する見解

プロとアマチュアの違いって何?というものに対して、今までしっくりくる考えが出ないままでした。

覚悟や責任の重さ、いろいろな要素があってのプロでもありますが、境目を考えたときに、わたしの中では「金銭」で区別する方が納得できたようです。

今のところ、暫定的な意見として、金銭を求めたらプロ、与えられたらアマチュアという答えにたどり着きました。

賛否両論あるかと思いますが、「○○円でやりますはプロ、おひねりや心付けはアマチュア」と考えることに。

結局のところ、プロの人口の方が圧倒的に増える見方になったわけですが、「お金を1円でも貰ったらプロ」という自分自身の意識というものは覆らないままでした。

やり取りに金銭が発生すると、責任も付随して発生することがプロとアマチュアの境目…と考えた方が、腑に落ちました。

「お金を1円でも貰ったらプロ」は周りの人に対してより、自分に対しての戒めの方が強いんですけどね。

この記事を読んでいる方に、プロとアマチュアの境目を違う考えで決めている方がいるとすれば、それはそれで全然いいと思います。

あくまでも、わたし個人としての意見を述べているだけに過ぎないので、ご自身の考えをお持ちの方は、大事にしてください。

そして、「境目なんて考えたことなかった!」という方は、この記事が一度考えてみるきっかけになればと思います!

Copyrighted Image