登録販売者って、どんな資格でどんな仕事してるの?

働き方

実はドラッグストアで働いています、つぐり(@tsuguriguri)です。

登録販売者という資格を持ち、美容と健康に関するお仕事をしています。

皆さんは、登録販売者という資格って、どんな資格かご存知ですか?

登録販売者という資格、実はわたし自身、資格を保有しているのに、比較的マイナーといった印象を持っています。

知っている人は知っているけど、知らない人は知らない…。

今日は、そんな登録販売者の資格とお仕事について、お伝えしたいと思います!

登録販売者ってこんな資格なんです。

2008年の春より新しく作られた、薬剤師でなくても医薬品販売に携われる専門家の資格です。

比較的新しい資格になります。

登録販売者の資格ができるまでは、医薬品全般の販売は薬剤師以外してはいけなかったのです!

薬局以外でもドラッグストアやスーパー、コンビニで医薬品を扱っているお店には、必ず登録販売者(もしくは薬剤師)がいます。

この資格によって、販売する側はもちろん、一般の方がもっと気軽に、便利に医薬品を購入できるようになりました。

店舗で仕事していると、「薬剤師の方ですか?」と聞かれることがありますが、残念ながら違います!

薬剤師ではなく、登録販売者でも医薬品の接客(説明)・販売ができます。

こういったやり取りがほぼ毎日あります。

マイナーだなと思っている理由は、薬剤師と間違われるという部分ですね。

登録販売者の資格を持つとなにができるの?

上記では「医薬品の販売ができる」と説明しましたが、全ての医薬品が販売出来るわけではありません!

出来るもの・出来ないものがあります。

国内で製造・販売されている全ての医薬品には、リスク区分というもので分類されています。

本来、登録販売者が関わる医薬品のリスク区分は、医薬品以外を含めると5段階(青字で記載ですが、せっかくなのでより詳しく分類していこうかと思います。

  • 医療用医薬品:医師の処方がないと購入・使用できないもの。(処方箋・薬剤師が必要です)
  • 要指導医薬品:発売されてからの期間が短く、リスクが特に高いと評価を受ける医薬品。(薬剤師がいないと購入できません)
  • 第1類医薬品:リスクが特に高い医薬品。(薬剤師がいないと購入できません)
  • 指定第2類医薬品:服用や取り扱う上で、十分注意が必要だと評価を受ける医薬品。
  • 第2類医薬品:副作用や薬効におけるリスクの評価が中程度の医薬品。
  • 第3類医薬品:副作用や薬効が穏やかで、リスクが低いと評価を受ける医薬品。
  • 医薬部外品:効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているもの。
  • 化粧品:効能・効果が緩和で、身だしなみを整えるなどの目的で使用されるもの。

上に行けば行くほど、リスク区分が高くなります。

リスク区分とは…
医薬品に含まれる、配合成分を使用するリスクに応じて、段階的に示したもので、リスク区分の分類によって、購入方法が変わります。
医療用医薬品と呼ばれるもの以外は、一般用医薬品と呼ばれます。

医薬部外品と化粧品は、医薬品と違って治療を目的にするものではなく、医薬品に関する資格や知識がなくても取り扱いや販売が可能で、商品に対する説明義務もありません。

医薬品に分類されるものに関しては、資格が必要ですが、登録販売者の資格を取得することにより、化粧品から指定第2類医薬品まで取り扱い・販売することが可能になります!

登録販売者の仕事内容はこんな感じです!

現在、「ドラッグストアで美容と健康に関するお仕事をしています」…と最初に書きました。

わたし自身、元美容師ということもあり、化粧品に関する接客や販売など、美容部員の仕事をすることもありますが、基本的には医薬品に関する業務が多いです。

通常、登録販売者の資格を取った直後で、美容系の仕事の経験が無ければ、医薬品に携わることになると思います。

どんなことをするのかと言うと、薬局で扱う医薬品の種類は膨大なので、最初は商品知識をつけるところから始まります。

どの商品が、どの症状に効いて…など、商品に関する情報は、資格の受験対策テキストには一切書いてくれていません!

書いてくれてるのは、どの成分が、どの症状に効いて、こんな危険があるから注意!ということだけです。

まずは、その情報を知るところから始まります。

外箱を見れば、必要な情報は全て書いてくれているので、見て覚えて…の繰り返しになります。

職場にもよりますが、医薬品だけではなくて、サプリメントやサポーターの相談を受けることもあります。

たまにプロテインも…。

女性だと、生理用品や妊娠検査薬などのデリケートな相談を受けることも多々ありますし、意外と幅広い知識が要求されます。

基本はパッケージに使用方法や、してはいけないことは記載されているので、見て、理解して、自分の言葉でわかりやすく伝えるのが仕事でもあります。

嫌でも接客回数が増える資格なので、知らないうちに知識はついていきます。

1年後の自分は、かなり物知りになってると思いますよ!

登録販売者はこんな人に向いている!

資格を取って、店舗で勤務した場合、接客は避けては通れない道です。

話すことが好きな人や接客経験者は向いていると思いますし、知識欲がある方にもおすすめしたい資格です。

前提として、資格を取るためには受験が必須です。

しかし、受験に備えた資格取得の勉強だけでは知識量が足りず、続けていくのが難しい仕事でもあります。

自分の仕事と知識に幅を持たせるためにも、気になることは即調べる!という性格の方は向いているのではないでしょうか。

この資格は、専門学校や大学へ行く必要はありません。

本屋で販売されているテキストだけで勉強できて、比較的簡単に取れて、仕事ですぐ使えるものです。

勉強法はこちらの記事で紹介しています!
登録販売者の試験勉強法!やるべきポイントはたったの3つ。

薬の知識は家庭でも使えるものばかりなので、実務以外でも役に立つものです。

登録販売者の資格は、飽和状態と言われていますが、現場で見る限りはまだまだ不足しています。

資格を持っている人は多いけれど、資格を使って働いている人は少ないというのが現状です。

ちょっとでも、資格のことを知ってもらって、実際に働く人が増えたらいいなと思っています!