イラスト・デザイン

最低限知っておきたい著作権!|権利侵害をしない・防ぐための知識

著作権の話って難しいな~と敷居が高く感じます、つぐり(@tsuguriguri)です。

知らないうちに著作権を侵害していた、トラブルに巻き込まれた…という話が近頃、多く耳に入ります。

わたし自身、イラストで仕事をいただいているので、トラブルを未然に防いだり、自分が侵害しないように…と、身を守る上で知っておかなければなりません。

ちょうど著作権について深く知るきっかけができたので、自分の知識を深めるついでに啓蒙活動も一緒にできたらいいなと思い、この記事を書くことにしました。

イラストレーターを始めとしたクリエイターはもちろん、ブロガーさんやアフィリエイターさんにも読んでいただければ幸いです!

専門的なこと、法律的な問題は弁護士さんに相談してください。
免責事項として、この記事の掲載情報により何らかのトラブルが発生した場合、こちらでは責任を負いかねます。
何卒ご了承くださいませ。

知っておいてほしい著作権の基本

簡単に著作権の概要をお話したいと思います。

できるだけわかりやすいように噛み砕いて説明していきますね!

著作権とは

著作権は、絵や音楽、小説、写真…など、著作物(作品)がどのように利用されるかを決定できる権利のことです。

この権利は、著作物の作者が保持し、自由に扱えます。

作品が作品として表現された瞬間に、自然と発生する権利が著作権です。

どこかに登録したり、申請をする必要はありません。

文化庁に著作権を登録する制度がありますが、登録しなくても権利は得られます。
それゆえにこの制度はあまり利用されていないようです…。

人の手によって生み出されたあらゆるものに著作権は存在しますが、すべてが適用されるわけではありません。

思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの
著作権法 第2条第1項第1号

この「著作権法 第2条第1項第1号」が著作物の定義となりますが、この定義を明確にするために著作物の種類が例示されています。

一般の著作物の例(第10条)
  • 言語の著作物(論文・作文・レポート・小説・俳句など)
  • 音楽の著作物(楽曲・楽曲を伴う歌詞)
  • 舞踊、無言劇の著作物(日本舞踊・バレエ・ダンスなど)
  • 美術の著作物(絵画・版画・彫刻・マンガなど)
  • 建築の著作物(芸術的な建築物)
  • 地図、図形の著作物(地図・学術的な図面・図表・設計図など)
  • 映画の著作物(映画・アニメ・ゲームの映像部分など)
  • 写真の著作物(風景写真・肖像写真など)
  • プログラムの著作物(コンピュータプログラム)

映画の著作物を除き、著作物は「録音、録画、印刷」されている必要はありません。

原稿の無いスピーチや、即興の歌も保護の対象となります。

発表されているほとんどの文章・画像・音楽は著作物になると考えておいて大丈夫です!

著作権を侵害するとどうなる?

答えはシンプルで、「犯罪」です。

故意に誰かの作品を不正使用・利用した場合、著作権を侵害したとして刑事罰が課されます。

「使用」は音楽を聴いたり、本を読んだりする行為で、「利用」は著作者の許可が必要な行為のことです。

著作権侵害における罰則は「10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金」で、法人などが著作権侵害した場合は「3億円以下の罰金」に処されます…。

この罰則は「故意」に他人の著作権を侵害した場合に適用されるもので、著作権侵害になるという認識がなければ罪に問うことはできません。

「著作権法なんて知らない!わかんない!」みたいな理由では故意ではないという判断はされないのでご注意を!

著作権が必要な理由

著作権は「著作者などの権利の保護を図り、文化の発展に寄与することが目的」とされています。

簡単に言えば、作者がその作品によって、名誉やお金を得て生活ができるように…という権利です。

他人の手によって、自分の作品が売り飛ばされたり、悪用されて利益を横取りされるのを防ぐことが目的になります。

作者が生活できるような権利を守り、文化の発展のため新しい作品が生み出されるように保護する役割を担っているのが著作権法です!

この著作権法、プロ・アマチュア、年齢関係なく適用されます。

小学生の作文だからパクっても大丈夫!なんてことにはならないのでご注意ください。

著作権の種類

著作権は、さまざまな権利を総称したものです。

大きく分けて下記の3つに区分されます。

  1. 著作財産権
  2. 著作者人格権
  3. 著作隣接権

それぞれ簡単に説明していきます!

最後の「著作隣接権」はあまり耳にする機会がないのと、該当する人が少ないかと思いますので、必要に応じて飛ばしてください。

1.著作財産権について

著作権と聞くと、真っ先に思い浮かぶのがこの「著作財産権」かなと思います。

著作者自身が持つ権利で、他人に譲渡することも可能です。

譲渡すると、著作者本人は譲渡した権利を失い、権利を行使できるのが譲られた人になります。

11個の権利の総称でもありますが、実際に適用されるのは該当する部分のみです。

著作財産権の内容
  1. 複製権(著作物を印刷・録音などの方法によってコピーする権利)
  2. 上演権・演奏権(音楽や劇などを公に上演・演奏する権利)
  3. 上映権(映画などを公に上映する権利)
  4. 公衆送信権(著作物をテレビで放送したり、ネットなどで公開する権利)
  5. 口述権(著作物を口頭で公に伝える権利)
  6. 展示権(美術や未発行の写真の著作物を公に展示する権利)
  7. 頒布権(映画の著作物を譲渡・貸与・販売する権利)
  8. 譲渡権(著作物を公衆に譲渡する権利)
  9. 貸与権(著作物を公衆に貸す権利)
  10. 翻訳権・翻案権(著作物を翻訳したり、漫画の映画化など表現手段を変える(翻案)する権利)
  11. 二次的著作物の利用に関する権利(翻訳物・翻案物などの二次的著作物を利用する権利)

参考:文化庁「著作者の権利の内容について」

11個もありますが、実生活において関わってくるのは「複製権」と「公衆送信権」、「翻案権」、「二次的著作物の利用に関する権利」の4つかなと思います。

翻案権に関しては、漫画や小説などのレビューサイトを運営している人が関わってくるくらいで、そうでもない限りはあまり身近ではないかもしれません。

2.著作者人格権について

著作者人格権は、財産権と違い「絶対に譲渡・相続ができない」権利です。

著作権を譲った場合、譲渡と同時に「著作者人格権を行使しない」という契約を結ばされることがありますが、個人的には避けた方がいいと考えています。

まずは著作者人格権の内容をチェックしましょう!
著作者人格権の内容
  1. 公表権(自分の作品を公表するかどうかなどを決定する権利)
  2. 氏名表示権(著作物に著作者名を表示するかどうか、表記をどうするか決める権利)
  3. 同一性保持権(著作物の内容などを勝手に改変されない権利)

参考:文化庁「著作者の権利の内容について」

上記の内容を見ていただいて、察した方もいるかと思いますが…。

この著作者人格権を行使しない契約をしてしまった場合、著作物の内容を勝手に変えられても文句が言えなかったり、氏名を意図しない表記に変えられることもあります。

もし、契約書などにそういった内容が書いてあった場合は十分考えた上で契約を結んでくださいね!

3.著作者隣接権について

この著作者隣接権は、あまり馴染みがないかもしれません。

…というのも、著作物を聴衆に広める人が持つ権利だからです。

著作物の作者ではないものの、著作物の伝達に関わる放送・出版・実演家などの事業家に権利が認められています。

実演家の権利
  1. 氏名表示権(実演家名を表示するかどうかを決める権利)
  2. 同一性保持権(実演家の名誉・声望を妨げる恐れのある改変をさせない権利)
  3. 録音権・録画権(実演を録音・録画する権利)
  4. 放送権・有線放送権(実演を放送する権利)
  5. 送信可能化権(WEBサイトなどを使い、実演などを公開する権利)
  6. 商業用レコードの二次使用料を受ける権利(商業用レコードが放送で使用された際に使用料を放送事業者などから受ける権利)
  7. 譲渡権(実演を録音・録画したものを公衆に譲渡する権利)
  8. 貸与権など(商業用レコードを貸与する権利)

上記の8つの項目は実演家の権利ですが、他にも「レコード製作者の権利」と「放送事業者の権利」もあります。

内容がほとんど変わらないのでここでは割愛しますが、気になる方は「公益社団情人著作権情報センター」に詳しく記載されているのでご覧ください。

まとめ

著作権はややこしい…!といったイメージが強いものですが、クリエイターには無くてはならない法律です。

これによって未然にトラブルを回避できたり、作品やクリエイター自身が守られることも…。

ネットの普及により、イラストのやり取りが企業間から個人間へと推移しているので、今よりトラブルも増えていくかもしれません。

権利の侵害によってトラブルが起こることがほとんどですが、権利を侵害していないのに「侵害された!」などの言いがかりをつけられる可能性もあります。

そういったものを避けるためにも、多くの方が自衛という意味で知識を増やすことが必要になっていくでしょう。

次の機会では、トラブルになりやすい二次創作や配布といったお話をしたいと考えています。

この記事によって、著作権についての知識が深まれば嬉しいです!

Copyrighted Image