イラスト・デザイン

独学でも絵が上手くなる3つの練習法

イラストレーターとしての一歩を歩み始めました、つぐり(@tsuguriguri)です。

今回は僭越ながら、絵を描くのが苦手な方へ…「こうやれば上達するよ!たぶん!」という自己流練習法のご紹介です。

私生活というか、イラストにおいても学歴なし、キャリアなし…な人の言うことなので、話半分に聞いてくださったらちょうどいいと思います。

絵を描くのが好きなわたしが、上手くなるためにやってきた方法ですが、いかんせん自己流なのでいろいろとご容赦ください。

ご紹介する方法は時間はかかりますが、やっていれば上手くなるのは確かな方法だと思っているので、気長にお付き合いくださると幸いです!

それでは、ここから先、お付き合いいただける方はどうぞご覧ください。

この記事では、「やれば速攻で絵が上達するテクニック」は一切教えられません、あしからず!

絵ってどれだけ描けば上達するの?

「さっさと描き方教えなさい!」という方はこの項目をスルーしてくださいね!

絵が上手くなりたい!という方が一番気になるところはここじゃないでしょうか?

結論から言うと、どれだけ描けば上手になるのかは「人それぞれ」です。

…が、描けば必ず上手になるのが絵です。

一応、ブロガーでもあるので、最初だけブログに例えてお話ししますね。

ブログは「100記事」書けば、成長なり成果なり…何かしら得られると言われています。

ブログと同じで、絵(イラスト)は「100枚」描けば上手になるのでしょうか。

答えは、これもブログと同じで、「効果的にやらないと無意味」です。

むやみやたらに描いても(書いても)上手にはなりませんが、ポイントを押さえてやれば、独学であっても、必ず上手になります。

ただし、一朝一夕には上達しないので、じっくり取り組む忍耐力も必要です。

では、具体的にどんな方法を取れば上手になるか、お伝えしていきます。

おすすめの絵(イラスト)練習法はこれ!

  1. 模写
  2. パーツの構成を学ぶ
  3. 下手でもいいから完成させる

はい、初っ端から出ました「模写」です。

「絵 上達 方法」とかで検索すれば、大体上位に来る練習法です。

これ、飽きるんですよね…

飽きるんですが、結局のところ、効率が良い練習法って「模写」だったりします。

下記で改めて説明しますが、形をなぞるだけでも勉強になったりするんです。

「ポーズマニアックス」が超おすすめ。

ふたつめは「パーツの構成を学ぶ」こと。

「模写」で形をなぞり、パーツを意識しながら「どこがどこへ繋がるのか」を意識すると、自然な絵が描けるようになってたりします。

最後の「下手でもいいから完成させる」は、ある意味一番大事かもしれません。

上記で挙げた練習法を、これから説明していこうと思います!

普段、練習はほぼアナログで行ないます。
デジタルだとなぜか上手に見えてしまうので、実力がモロに出るアナログでやることが多いです。
(ペイント系ソフトがあればデジタルでも出来るので、お好みでお選びください)

1.模写

    用意するもの

  • 鉛筆(Bか2Bあたりがおすすめ 筆圧が高い人はHB)
  • トレーシングペーパー(トレス台があれば不要)
  • 白い紙(コピー用紙でもなんでも)
  • 模写したい写真やイラストなど
鉛筆は基本的になんでもいいのですが、おすすめなのが「ステッドラー製鉛筆」です。
芯が硬めで折れにくく、粒子は細かいのでどんな紙でもフィットする描き心地がお気に入り。
わたしはあまりデメリットに感じませんが、思ってたより色が薄いと言われることが多いようです。
トレーシングペーパーは消しゴムを使っても破れにくいものがおすすめです。
かといって、分厚いものだと透けにくく使いにくいので、ちょうどいい感じのがこちら。
この機会にトレス台買うか!という方はこちら。
ぶっちゃけ無くてもいいけど、あると便利な代物です。
これの旧型を愛用してます。
模写の対象物は「ポーズマニアックス」や「髪と形」あたりがおすすめ。
人を描くのって楽しいね」は理論やコツを優しく教えてくれる超優良サイトです。
サイト下部に人物以外の描き方も載ってるので参考になります!
媒体にこだわらず、模写できればなんでもいいんですけどね!

まずは対象物をトレス(写し)しましょう!

トレーシングペーパーでなぞってもいいし、見ながらコピー用紙に写しても構いません。

なぞり終えたら、次は何も見ずに記憶だけを頼りに再現してください。

これを繰り返すうちに、手が慣れてきて早く描けるようになるのと同時に、対象物をしっかりと観察するようになるので観察力も鍛えられます。

形を追うことに慣れてきたら、次はパーツの構成を意識していきましょう!

2.パーツの構成を学ぶ

ここで大事なのは、人体や動物の骨格、背景のパーツをそれぞれ分解して考えてみること。

想像して描けるようになると、自分の絵が各段に上手くなります、たぶん。

アニメ系や、萌え系、リアル系など…「イラスト」に関して言えば、実体が無いものを描くので、上手くなるには想像力を働かせることが大事だと思っています。

模写でなんとなく形が取れるようになったら、次はパーツの構成を考えながら描いてみましょう!

今回は「手」を例に挙げてみます。

「なんとなく」なぞっただけの絵がこちら。

…手には見えます。
骨格と言いますか、骨や皮膚の繋がりを意識して描いたものがこちらです。

随分絵の印象が変わります!
上の絵をさらに関節や土台の骨…言わばパーツを意識したものがこれです。

どこが動いて、どこが動かないパーツなのか…が分かると、描いたときの不自然さはなくなります。

絵が上手くならないのは、描いた絵のどこかに不自然な部分があるからだと考えていて、これさえクリアできればあとは上達あるのみ!だと思ってます。

3.下手でもいいから完成させる

長くなりましたが、これが最後のポイントです。

ある意味、一番大事なポイントでもあります!

どうしてか…と言いますと、完成しないと「どこが変でどこが上手く描けたか」がわからないからです。

どんなに下手くそでも、どんなに時間がかかろうとも、完成させることを目標にしてください。

これは描けるけど、これが上手く描けないからやめる…は何の成長にもならないんです。

失敗から学ぶことは多いので、諦めずに最後まで描き切りましょう!

完成した作品がたとえ納得いかなくても、次に描いた作品はどこか成長しているはず!

絵が上手に描けるコツ…のようなものって、描き終えてから掴むことが圧倒的に多いんですよ。

絵は描いた(完成させた)数だけ上手になる!:まとめ

実はこの記事、自戒を込めまくってます。

こんな記事を書いておきながら、わたし自身は絵が少し描けるだけで苦手な構図いっぱいありますし、背景は特に苦手です。

練習法は事実ではありますが、最近はできてなかったなぁ…と反省しております。

描けば描くほど上手くなるってわかってるのに、鉛筆が進まないなんてことよくありますし、セルフブーメランもいいところです。

この記事を書いたことを機に、これからは絵に触れる時間を少しでも長く作れるよう心がけます!

Copyrighted Image